足の臭いの原因 爪

足の爪が臭う原因と対策

足の爪を切っている時に、強烈な臭いがして、びっくりする方もいます。

 

これは、爪の中にたまっている垢が臭っているのです。
垢は目に見えてわかる黒い爪垢だけでなく、白い爪垢がたまっているというケースもあります。

 

足の臭い

爪垢のケアをきちんとしないと足の臭いが酷くなる原因になります。

 

足の爪は爪と指の間の「爪溝(そうこう)」や「爪先」の内側に汚れが溜まります。

 

足の爪に垢が溜まるのは爪が伸びすぎているのが大きな原因です。

 

こまめに足の爪を切ることで垢が溜まらないようにしましょう。

 

特にネイルをしている女性は足の爪が長く伸びているので爪の間に垢が溜まりやすいです。

足の爪に溜まるカス

  • 足の古い角質(垢)
  • 皮脂
  • 靴下や靴の繊維くず
  • その他

足の爪の洗い方

足が臭う方は、いつもの洗い方では足の爪を清潔にすることはできないのと、
どうしても足の爪が切れない方は「爪溝」や「爪先」は爪ブラシか歯ブラシを使って磨くようにして洗い上げて下さい。

 

 

毛先の柔らかい歯ブラシを用意して、歯ブラシに石鹸の泡をつけて「爪溝」や「爪先」を優しくブラッシングします。

 

爪ブラシや歯ブラシを使うことで爪と皮膚の間に入り込んだ細かい汚れも取れやすくなります。

 

またついでに、指と指の間も同様に洗うことで指の間についた粘着性の強い皮脂汚れも落とすことができます。

 

足の爪の中は垢が溜まりやすく、女性の場合はストッキングを履いた時などは通気性がよくないので
悪臭を放つ大きな原因になります。

 

足の爪は短く切る

足の爪にカスが溜まらないように、足の爪は常に短く切ることが大事です。

 

理想は足の爪先の白い部分を1mm残す程度に切ることです。

 

切り方としては、足の爪にカスがたまりにくい「スクエア(爪の先を横一直線)」に切ります。

 

丸い形に爪を切ったり、白いところがなくなるように深爪をすると足の指を傷めたり、巻き爪になりやすくなるのでやめた方がいいです。

 

女性で足の爪を伸ばしている方は、爪のサイドに爪垢がたまりやすいので、注意が必要です。
爪の中を清潔に保つだけで足の臭いは軽減されるはずです。

 

爪水虫

水虫になるのは足だけではありません。

 

爪も水虫になります。

 

足の臭いがひどく、爪の色が徐々に黄色くなり、ところどころ黒ずんできたりしたら「爪水虫」の可能性があります。

 

爪がもろくなったり、割れやすくなったらまず間違いないでしょう。

 

爪水虫は水虫の原因菌であるカビの一種・白癬菌が皮膚から爪の中に感染することで起こります。

 

足の爪には神経がないので、自覚症状がなく知らない間に症状が進行しひどくなるケースが多いです。

 

足の爪は硬いので水虫の菌(白癬菌)が侵入することは滅多にありませんが、
既に足が水虫になっていたり、常に蒸れた状態の靴やブーツを履いていると白癬菌が繁殖して感染することになります。

 

爪水虫に感染すると水虫の薬を爪の表面に塗ってもほとんど効きません。

 

白癬菌が爪の奥深くに浸透しているためです。

 

病院で医師の診断を仰ぎ、飲み薬での治療になりますが、肝臓や腎臓に障害のある方や妊婦さんには服用できません。

 

完治にはかなりの時間が必要になります。

 

爪水虫 治療薬

爪水虫がそれほど深刻でなければ、ネイルサロンでも業務用として採用され、アメリカで一番人気の爪水虫専用の治療薬「Dr.G’s クリアネイル」を試してみるのもおすすめです。

 

無色、無臭で、ペディキュアの上からでも塗ることができます。

 

>>おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ



 

足の臭いの原因 菌

足の臭いの大きな原因は、足の裏に大量に発生した雑菌が出す腐敗臭です。
雑菌の種類は色々ありますが、主な種類はブドウ球菌やニキビ菌、レンサ球菌やコリネバクテリウム菌などがあげられます。

 

足の裏に生息する雑菌の数は約20万個以上といわれ、他の身体の部位とくらべても圧倒的に多いです。
ちなみに顔の1センチ平方には約1,000個、頭皮の中には約10,000個の菌がいるといわれていますが、それらと比べても圧倒的に雑菌が多いのがわかっていただけるでしょう。
つまり、それだけ臭いが発生しやすい場所なのです。

 

人の足の裏は1日に約コップ1杯の汗をかくといわれています。
足の裏は基本的にお風呂に入る時まで洗いません。
その間に足の裏に発汗された汗が雑菌のいい栄養源となっているのです。

 

足の裏の臭いを無くすには、足の裏を常に清潔に保っている必要があります。
足の裏は人前ではケアしにくいですが、トイレに行った時など、足の裏の汗をこまめに拭きとることが
大事です。

 

毎日のこまめな対策が足の匂いの改善につながります。

 

足の臭いを消す方法:TOPページ

足の臭いの原因 爪関連ページ

病気
足の臭いの病気で考えられるのは「水虫」「多汗症」「内臓疾患&糖尿病」です。色々足の臭い対策をしているのに治らない時には足の病気が考えられます。
かかと
かかとの臭いの原因である角質を除去しケアをキチンとすることで、かかとの臭いだけでなく、カサつき、冷え、水虫なども予防できます。かかとが白い粉をふいたり、半透明で分厚く硬くなっていませんか?かかとの臭いを解消して「かかと美人」になりましょう
ストレス
ストレスが原因で足の臭いが強くなることがあります。足の臭いとストレスなんて関係があるの?とおもわれるでしょうが、実は関係があるのです。
食事
足の臭いの原因は、足が清潔でないとか、多汗症とか、靴に原因があると思っていましたが、食事によっても足の臭いの原因になっているんです。
タバコ
タバコを吸う人は足が臭うんです。嘘じゃありません。足が臭いと悩んでいるあなた。今すぐ禁煙してください。足は臭わなくなりますよ。まあ、無理ですよね。タバコを吸うとどうして足が臭うのかその原因と禁煙しなくて臭いを解消できる対策を紹介します。
角質
足のニオイの原因に角質が関係していることを知らない人が意外に多いです。制汗スプレー、クリーム、靴下のこまめの穿き替えをしても足のニオイが気になる人は角質が原因かも?
してはいけないNG治療法
足の臭いを解消するのによいと思っていた行為が実は、良くなかったりすることがあります。してはいけないNG治療法を説明します。
足の臭いは2種類
足の臭いは大きくわけて2種類あります。酸性の臭いとアルカリ性の臭いです。それぞれ対処方法が違います。正しい処置をすることで足の臭いは改善されます。
足の臭い 成分
足の臭いの成分は、イソ吉草酸アルデヒドです。イソ吉草酸アルデヒドは汗と角層が混じり合うことで発生することが研究結果からわかっています。足の臭い成分は目に見えないブツブツなのです。