女性の足の臭いを取る方法

女性の足の臭いをとる方法:悩みを解決します!

女性の足の臭いを取る方法

最近は女性も男性と同じような職種につく事も多く、足の臭いに悩む女性が増えてきました。

 

実は足が臭う女性には特徴があるんです。

 

足が臭う女性というと、あなたどんな人を想像しますか?

 

だらしがない人、不潔な人ですよね?

 

でも、実際は違うんです。
普段はスーツをパリッと着こなしバリバリと仕事をこなしている女性に足が臭う人が多いのです。

 

意外と自分の足の臭いは慣れていると気がつかないことがあるので要注意です。

 

まわりに誰もいない時に瞬間でも、もの凄くクサイ臭いがしたら、それは自分の臭いですよ。

 

関連記事:タイプ別【足汗、足、体内、靴、靴下】消臭グッズ

 

女性の足の臭いをとる方法

足の臭いをとる方法:靴の対策

靴は3足は用意し毎日履き替える。

 

雑菌は乾燥に弱いので1日履いて汗を吸い取った靴は中2日は空けて乾燥させるようにしましょう。

 

汗をかいたらシャツを取り換えると同じことです。
毎日同じ靴を履きつづけることは雑菌を喜ばせるだけです。

 

関連記事:足が臭くならない靴

 

足の臭いをとる方法:ストッキングの対策

ストッキングは足をキレイに見せてくれ働く女性にとっては大定番です。

 

しかし、ストッキングはナイロンやポリウレタン製が一般的で、繊維も細いので汗を吸収してくれません。

 

ストッキングを1日中履きつづけるとストッキングの中に「湿気」をドンドンため込んでしまいます。

 

女性の足の臭いを取る方法

そんなストッキングと通気性が悪い靴との組み合わせは足の臭いにとって最悪です。

 

対策としてはストッキングと5本指ソックスの併用です。
見た目が心配という方もいると思いますが、最近は靴の形に合わせた種類も多く用意されているので、見た目が気になることはありません。

 

指のつけ根だけをケアして指先が露出できるタイプや、つま先から踵までを覆うのですが超浅型タイプなど履く靴の形によって選ぶことができます。

 

5本指ソックスを履いただけで足の臭いが解消されたという女性も多いのでおすすめですよ。

 

女性の足の臭いを取る方法女性用 5本指ソックス

 

女性の足の臭いをとる方法:足の洗い方

足をいくらキレイに洗っても足が臭う人は多いです。
実は一度臭いの元であるイソ吉草酸がついた場合は、普通の洗い方では洗い落とせないのです。

 

 

イソ吉草酸が付いた方は重曹を使って足の臭いをケアするようにしましょう。
重曹を使っての足の洗い方はコチラで詳しく説明しています。

 

⇒足の臭い、靴の臭い消臭に重曹が効果的!

 

ただし、足のにおいがアンモニア臭の時には、重曹では効果がありません。

 

 

女性の足の臭いをとる方法

アンモニア臭がする時は、疲労や便秘などの体調不良が原因で、

体内でアンモニアが分解されずに汗と一緒にでてくることからにおいます。

 

 

こんなケースは早めに体調を整えるか、それでもにおいが消えない時は肝機能の低下も考えられるので、
あまりにもにおいが酷い時には医師の診断を受けた方がいいでしょう。

 

 

体調不良によるアンモニア臭は、アルカリ性のにおいですのでミョウバン水の殺菌作用、制汗作用、収れん作用で、においを消します。

 

ミョウバン水をスプレーしたり、お湯にミョウバンを溶かしたりして足湯をしたりすることで簡単に消臭効果が期待できます。

 

⇒ミョウバン水の作り方を説明しています。

 

また、足を洗う時にボディーソープを使う人が多いのですが、ボディーソープは保湿剤や香り成分が入っているので足を洗うには向いていません。

 

 

足を洗うには保湿成分が入っていない石鹸を使うようにして下さい。
ただでさえ汗を多くかく足に保湿成分では、さらに汗の発汗を促進させることになります。

女性の足の臭いをとる方法:足の爪

女性の足が臭う原因として足の爪があります。
女性にとって足の指先のオシャレは楽しみのひとつです。

 

 

夏になれば露出する機会も増えるし、ネイルもしますが、その爪の間に汗や皮脂、ホコリなどが溜まり、この足爪の垢を雑菌が分解することで足の臭いを強くしたりします。

 

 

爪を切った時や、靴を脱いだ時にチーズ臭がするようなら、爪垢が原因かもしれません。
足の親指は大きく湾曲しているので、両端に垢が溜まりやすいです。

 

また爪垢が黒くなっていれば、分かるのですが、白い垢の場合は見逃すこともありそのまま放置しがちです。

足の爪対策

女性の足の臭いをとる方法

お風呂に入った時に足の爪をよく洗うことが大事ですが、洗ったつもりでも「石鹸の残りカス」が付いていることもあります。

 

爪は爪ブラシを使ってキレイに洗いましょう。

 

 

使い古した歯ブラシを推奨する人もいますが、毛先が開いた歯ブラシでは爪先の掃除には不向きです。

 

爪ブラシでも取れない時は、先端が耳かきのようになった「爪の垢とり」を使うようにしましょう。

 

 

ついつい、身近にある爪楊枝などを使いたくなりますが、足の指を傷つけ炎症を起こすこともあるので止めてください。

 

関連記事:タイプ別【足汗、足、体内、靴、靴下】消臭グッズ

 

女性の足の臭いをとる方法:女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが大きく減少するのは40代後半〜50代と言われていますが、
近年は女性も男性と同等に働くようになったことによるストレスや、
無理なダイエットなどにより若い女性でも女性ホルモンのバランスを崩す人が増えています。

 

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂や汗のコントロールができにくくなり、皮脂の分泌や汗の発汗を増やすことになり足が臭う原因をつくりだします。

 

 

加齢臭など、体臭にも影響がでることもあります。
あまりにひどいようだと、「精神性多汗症」の心配もあるので一度医師に相談しましょう。

 

汗によって化粧崩れや汗染みなどの悩みが増えることでストレスを感じ「精神性多汗症」の症状を悪化させる可能性もあります。

 

女性の足の臭いをとる方法:冷え症

女性に多い冷え性。
実は冷え症も足の臭いに影響を与えているのです。

 

 

夏や冬は特に外気温と室内温度の差が大きくなりやすいですが、
冷え症だと、この温度差がより大きく感じられ、汗を必要以上に発汗してしまうのです。

 

 

足汗が増えれば雑菌も増えやすくなり、汗をそのままにしておくと、さらに足が冷えることになり悪循環に陥ってしまいます。

 

また、冷え症で血流も悪くなるので、免疫力が低下し水虫にも感染しやすくなります。

 

ですので、冷え症の方は冷えない対策を取ることと同時に、制汗剤も使用することで足の臭いを抑えることができます。

 

女性の足の臭いをとる方法:食事の影響

脂っぽい肉類とか、油分が多いスナック菓子、脂質が高いものが好きな人に足が臭う人が多いです。

 

脂は体内に入ると分解されてアンモニアや硫化水素という臭い物質に変わります。

 

また食物繊維の摂り方が少ないと便秘になりやすく、便秘になれば大腸に便が溜まり発酵することで臭いニオイがでます。

 

この臭いは血管を通じて汗に混じり体臭として臭いを分泌します。

 

肉類やスナック菓子が好きな人は、野菜も良く食べるようにしてください。

 

関連記事:足が臭う食品

 

女性の足の臭いをとる方法:足が臭う原因

まず、足はどうして臭うのでしょうか?

 

足は人間の体の中でも最も汗をかく場所ですが、その汗と足の皮脂や垢(角質)などが混じり合い、皮膚に常在する雑菌のエサとして分解されることで老廃物が出るのですが、その老廃物が臭うのです。

 

雑菌は高温多湿を好み、その条件下で繁殖を活発化します。
雑菌が増殖することで足の臭いも強くなっていくのです。

 

足は靴を履いて入れば、10分で湿度が100%の状態になり、温度も30℃を越えます。

 

この状態は雑菌が一番好む環境です。

 

女性の足の臭いを取る方法

スーツを着こなしバリバリ仕事をする人のほとんどは、パンプスにストッキングです。

 

このファッションが足の臭いを発生させる環境をつくりだしているのです。

 

冬のブーツなどは熱がこもりやすい典型です。

 

パンプスやブーツに限らず、ヒールのついた靴を履く女性は、体重のかかり具合に偏りがでるので「かかと」や「前足部」に厚い角質ができやすく足の臭いの原因にもなりやすいです。

 

また、かかとの部分が大きく開いたミュールや、つま先部分が開いたオープントゥの靴の場合は、外部の埃やチリなどを拾いやすくこれも足が臭う原因の一つになります。

 

関連記事:タイプ別【足汗、足、体内、靴、靴下】消臭グッズ

 

足の臭いを消す方法:TOPページ