足の臭い パウダー

足の臭い対策に効果的なパウダーをすべて紹介

足の臭い対策にパウダーは効果的です。

 

パウダーというとベビーパウダーが思いつくのですが、他にも足の臭い対策用に開発されたパウダー状の消臭グッグもあります。

 

ここでは足の臭い対策に効果的なパウダー製品を全て紹介します。

 

足の臭いを予防するベビーパウダー

足の臭い パウダー

ベビーパウダーは赤ちゃんのあせもやかぶれ、湿疹を予防するパウダーで有名ですね。

 

このベビーパウダーですが足の臭いや蒸れ対策に使えるんです。

 

安価ですぐに手に入るパウダーなので重宝なのですがメリットトデメリットがあります。

 

ベビーパウダー:メリット

安くでどこででも手に入れることができます。

 

ベビーパウダーの主成分はタルクとコーンスターチです。

 

タルクは細かい粒子で汗などの水分を吸収し、足の皮膚と靴下との摩擦を少なくし足の表面をサラサラにしてくれます。

 

コーンスターチは、タルクによって肌が乾燥しすぎないように湿度を調整してくれます。

 

足にベビーパウダーを薄く延ばして塗るだけで、足の汗を吸収し蒸れ対策になります。

 

足が蒸れないということは、雑菌が増えないので足の臭いを防ぐことができます。

 

汗をかきやすい足の指の間にもきちんと伸ばすことを忘れないようにしてください。

 

足全体にいきわたったらそのまま靴下を履きます。

 

ベビーパウダーの種類によっては、制汗作用がある酸化亜鉛が含まれているものもあります。

 

ベビーパウダーは赤ちゃんの敏感な肌にも使える成分なので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

また、足に塗るだけでなくベビーパウダーを粉がもれないように靴下などに包んで、靴の中にひと晩入れておくと湿気や臭いを吸い取ってくれます。

 

ベビーパウダー:デメリット

ベビーパウダーの効果は持続性がなく、
仕事中に、足をデオドラントシートで拭き取リ、乾燥させてからこまめに塗りなおす必要があります。

 

職場によっては難しいこともあるでしょうし面倒くさいです。

 

あまりにも足汗がひどい人はベビーパウダーが汗でダマになってしまうので逆効果になることもあります。

 

糊のように足にまとわりつくこともあります。

 

ベビーパウダーがダマになってしまうと、それが原因で微生物が繁殖してしまい足の臭いの原因にもなってしまいます。

 

また、粒子が細かいために汗と混じりあって毛穴や汗腺を詰まらせてしまう可能性もあります。

 

毛穴や汗腺が詰まると、湿疹などの肌トラブルを起こすこともあるので注意が必要です。

 

使用する時は薄く延ばして、決して厚く塗らないようにしてください。

 

ベビーパウダーは無香料ですが、わずかに優しい香りがついています。

 

この香りが足の臭いと混じることでさらに不快な臭いに変わる可能性もあります。

 

ベビーパウダーまとめ

購入するにしても安くて、使い方も簡単ですが持続性がないのと、
残念ながらベビーパウダーの成分には殺菌成分や消臭成分が含まれていません。

 

汗を多くかく人には、あまり効果は期待できないでしょう。

 

また足の臭いに悩んでいる人にはベビーパウダーは物足りないと思われます。

 

足の臭いを根本的に解決するには、持続性があり、制汗・殺菌作用のあるデオドラントパウダーがおすすめです。

 

おすすめのデオドラントパウダーを紹介します。

 

おすすめのデオドラントパウダー

足の臭い対策に効果的な代表的なパウダーは2種類あります。

 

フットクリアとグランズレメディです。

足の臭い パウダー

 

ただ、両社ともベビーパウダーのように足に直接塗るタイプではありません。

 

パウダーを靴の中に入れることで、靴、靴下を消臭して足の臭いも消すというものです。

 

靴の臭いが消えることで、足が綺麗になっても靴を履くことで再び足が臭い始めるということもなくなります。

 

商品の販売はグランズレメディが古く、認知度も高いですが、売れているのはフットクリアです。

 

大きな要因としては、グランズレメディはニュージーランド製品で、フットクリアは国内製品という事が挙げられます。

 

ネット通販でどちらも販売されていますが、グランズレメディは並行輸入品や類似品が出回り品質に保証がありません。

 

公式サイトからの購入なら安心はできるのですが、価格がフットクリアの倍近くするというのも販売量に差が出る要因でしょう。

 

配合成分はどちらも主成分がミョウバン、タルク、酸化亜鉛と同じです。

 

どちらも白いパウダー状になっています。

 

効果も一度臭いが消えれば、半年間は効果が持続するというのも同じです。

 

これは靴の中で溶けたパウダーの蓄積が臭いの原因である細菌の増殖を抑えるからです。

 

使い方も同じでパウダーを靴の中に入れるだけです。

 

グランズレメディは付属のスプーンで、フットクリアはボトルタイプになっていて逆さにするだけで、一定の量が出るようになっています。

 

わかりやすく、表に比較してみました。

フットクリア グランズレメディ
生産国 日本 ニュージーランド
初回購入価格 2,980円 3,888円
送料 無料 500円
容量 55g 50g
特典 詰め替え用

プレゼント(55g)

無し
使用方法 ボトル スプーン
臭い 無臭 無臭/香料
保証 全額返金保証 全額返金保証

効果が同じであれば、やはり国内産で価格も半額に近い(プレゼントを含む)「フットクリア」がいいですよね♪

 

フットクリア 効果「フットクリア」公式サイト

フットクリア 効果

 

足の臭いを消す方法:TOPページ

足の臭い パウダー関連ページ

イソジン
足の臭い対策にイソジンを使用することは効果的です。イソジンには強い殺菌効果あります。直接塗る方法と、足湯として使用する2つのやり方を紹介します。
木酢液
足の臭い対策に木酢液は昔からよく知られていますが、肌に使用するには不適切な粗悪品もあります。木酢液の選び方、使い方を説明します。
イソプロピルメチルフェノール
イソプロピルメチルフェノールは足の臭い対策には有効です。顔ニキビや背中ニキビに有名な成分ですが抗菌・殺菌効果にすぐれ足の蒸れから増殖する皮膚常在菌を抑えてくれます。
トリクロロカルバニリド
トリクロロカルバニリドが配合された石鹸で足を洗うことで足の臭いを抑えることができます。普通の殺菌成分では減菌できない足の臭い菌(グラム陽性菌)に効果を発揮します。
アルコール
足の臭いはアルコール(エタノール)で解消できる?残念ながら足の皮膚が肌荒れする事はあっても、足の臭いは改善しません。詳しく説明します。
インソール
足の臭いを改善するのにインソールがあります。消臭・抗菌効果があり通気性に優れたインソールを選ぶことで足の臭いは軽減できます。ただ、間違ってもインソールを靴の中に入れっぱなしにしないでくださいね。足がさらに臭ってしまいますよ。
ミョウバン
足の臭いにミョウバンを使うことはとても効果があります。殺菌、収れん、制汗、中和の4つの効能で足の臭いをミョウバンが消臭します。スプレーボトルで持ち運ぶこともでき、外出先でもスッと使うことができます。靴下や靴の消臭にも使うことができます。
重曹
足の臭いを無くすには重曹が効果的です。足の臭いの原因菌であるイソ吉草酸を弱アルカリ性である重曹が中和させ無害化してくれます。靴の中にも直接入れることで靴も消臭ができます。
お酢
足の臭い対策にお酢は効果があります。酢は足の酸っぱい臭いであるアルカリ性のアンモニア臭を酸性の性質で中和させ消臭させます。お酢を入れた足湯を使うことで血行もよくなり冷え症も改善できます。しかしイソ吉草酸は同じ酸性なのでお酢の効果はありません。
クエン酸
クエン酸は、ツーンと酸っぱい足の臭いを消してくれます。クエン酸を使った4つの使用方法を説明します。また、クエン酸飲料をつくることで、体の外から中からも消臭することができます。
ホウ酸
ホウ酸の使い方では、足の臭い対策、ゴキブリ退治、洗眼、うがい薬や鼻スプレーなど色々ありましたが、今日、その毒性が注目されるようになりホウ酸の使い方に変更がでてきました。ホウ酸の効能、ホウ酸の使い方の注意点を詳しく説明します。
漢方
足の臭い対策に漢方は有効です。化学的に作られた薬物よりも、副作用の心配があまりない、漢方薬を利用することで長期的な体質改善もでき、安心です。保険適用もあります。まずは専門医に相談してみましょう。
緑茶
足の臭いは緑茶で消臭できます。それも飲み終わった後の「出がらし」でOKです。 足の臭いの消臭だけでなく靴の臭いや下駄箱の臭いまでも消臭してくれます。
ハッカ油
足の臭い対策にハッカ油は効果的です。殺菌・消臭効果があります。足の臭いが強い方には向きませんが軽い方には足の臭いを軽減させることができます。使い方を説明します。